来年1月末のカウアイ島のイベントの後、エネルギーの違いをより明確に感じるでしょう

今、恐怖、怒り、そういうもので世界は覆われています。しかし、すべての人がそれに支配される必要もないし、自分を知っている人たちは自分に合う選択をし、それが恐怖と怒りを中和していくのです。この状況の中、今回のカウアイ島でのイベントは特に今いる場所のエネルギーとの違いを明確に感じるはずです。

エネルギーに触れれば触れるほど、エネルギーに敏感な人たちはあなたに反応してきます。言葉にならなくていいのです。感じれば感じるほど、言葉になっていくのです。フィーリングを発見していくのです。フィーリングは脳、感情でコントロールできるものではないのです。

エネルギーに触れれば触れるほど、エネルギーの違いを知れば知るほど、映画館でここに座ろうとぱっと決められます。より生産的に生きるのです。職場でもコミュニケーションの改善、人が何を求めているかがわかります。セックスライフも向上します。なぜならば、相手がどうしてほしいかを感じるようになるのです。犬、植物、人、すべてはシェアです。それをより感じるようになります。レストランもこれがいいなとすぐわかるのです。この人は合うなとか、この人とは合わないから客観性を持って対処しなくてはとわかるのです。

来年1月末のカウアイ島でのイベント、カウアイ島を選択したのはリアルな自然のさまざまなエネルギーがあるからです。ただ感じる、それだけでいいのです。どういう意味であり、どういうメッセージを伝えているのかなんて思考で知る必要はありません。

このイベント中、未来、仕事、人間関係を忘れ、自分へのフォーカスを外し、ただ感じ、楽しむことを経験するチャンスでもあります。

このイベントの後、もう前のあなたには戻れないでしょう。変わることが怖いから慣れ親しんだ恐怖と怒りでもしがみつきたい人たち、エネルギーを感じることはしないのです。エネルギーを感じれば変わってしまうからです。できない理由を脳はいくらでも創造できますが、脳に支配され、この人生で恐怖と怒りを経験していくだけです。

☆2020年12月のウィリアム・レーネンのウェブカメラよる個人セッション(日本国内ならご自宅からも受けられます)のお申込み

☆2021年1月29日から2月3日に開催されるウィリアム・レーネンのカウアイ島でのイベントのお申し込みが始まりました。

☆2021年4月17日東京で開催されるウィリアム・レーネンの2時間ライブ(オンラインでの参加も可能です)

☆2021年4月29日に東京で開催されるウィリアム・レーネンの魔法の杖、石、癒し、霊的理解に役立つ植物に発見されるワークショップ(オンランでの参加も可能です)

☆2021年5月1日、2日、3日に成田で開催されるウィリアム・レーネンのシックスセンス、セブンスセンスへの進化のワークショップ(オンラインでの参加も可能です)

☆2021年5月15日に東京で開催されるウィリアム・レーネンの鏡、水、電球を使いより不思議な体験をするワークショップ(オンラインでの参加も可能です)

☆2021年5月22日と23日に成田で開催される宇宙人、地底人、スピリット、動物、植物、あらゆる生命とつながり、コミュニケーションをするワークショップ(オンラインでの参加も可能です)

☆7月22日発売のウィリアム・レーネンの新刊本、発売!

☆ウィリアム・レーネンのYoutubeチャンネル

☆5月12日、東京で撮影された2時間のウィリアム・レーネンのStop Thinkingここにコロナウィルスがいる、有料サイトでご覧ください。4月18日の2時間ライブとはまた違う内容になっています。

ここにウィルスがいる、有料サイト

☆ウィリアム・レーネンのメッセージ付きあなたのシンバラのお申込み

ウィリアム・レーネンのオフィシャルツイッター

ウィリアム・レーネンのウィークリーメッセージへのお申込み

ウィリアム・レーネンについて

サイキックミディアムとして米国で長年、テレビ、ラジオ、教会、企業、大学など、さまざまなメディアや団体において、抜きん出た豊かな才能を発揮し、多くの人にメッセージを伝えてきました。アメリカではドクター・ピーブルズをチャネルする存在として知られてきました。すべての人間がそれぞれの時間、空間、方法によって成長することを何よりも尊重しなくてはならないこと、宇宙の法則と霊的哲学を生きることが今、最も大事であると説いています。
現在、あらゆる概念を、2000年からはじまった水瓶座の時代にアップデートするために、ワークショップ、著作物を通して変化への対応をさまざまなスタイルで発信しています。水瓶座の時代のエネルギーに合致する、人々が幸せを実感する新しいあり方、考え方を提唱しています。よしもとばななさん、みよこ先生、酒井法子さんとの共著を発表しています。これまでに30冊を超える著作物が日本と韓国で発売されています。