Q: 旅に行きたいから行くと、東京からくると地元の人に嫌がられるし、周囲の人たちは東京から行くということ、地元の人たちによくないかもしれないと言われます。どう思いますか?

☆2021年2月のウィリアム・レーネンのウェブカメラよる個人セッション(日本国内ならご自宅からも受けられます)のお申込み

☆2021年2月6日に開催されるウィリアム・レーネンのMeet上であらゆるご質問にお答えします(10名のみ)約2時間(日本にいる方のみです)のお申し込み

☆2021年2月27日と3月6日にオンラインで開催されるウィリアム・レーネンの夢を通して旅、成長をするワークショップ(それぞれ2時間、15名限定)のお申込み

A: ウィルスを広げるかも、皆さんそう言いますが、かもしれない、何も広げないと思うのです。なぜなら、マスクをしている、科学者はマスクは有効だとか、有効じゃないとかいろいろ言いますが、大事なことはあなたのあり方なのです。それが自分を守るのです。

あなたは、光を生きているし、あなたのそのあり方があなたを守るし、あなたが人に害を与えるなんてありません。人はあなたのような光を生きる人を非難しますし、それに反応をする、ネガティブなエネルギーを追加するだけです。ネガティブに支配されます。光を生きている人たちは非難をされます。私は、別に外でマスクをしませんし、人はそういう私に反応して寄ってきません。周囲に人がいないから楽に呼吸もできるし、いろんな人たちのネガティブさに触れなくていいなと思うだけです。自分の反応を変えてください。私が悪い、私たちのこのとことんすり込まれている私が悪いからネガティブに反応されるとすべてを個人攻撃と取る、この反応を変えていくことです。これを手放しましょう。そして、光を生きている人たちは歴史を通して証明されていますが、攻撃される、それを忘れないことです。

あなたおかしいと言われたら、私が言うのは、おかしいとわかるのはあなたの中にも同じものがあるからでしょうと言い返します。あなた、自分を見なさいよと鏡を見せてあげるのです。

長い間、地球にはびこるこの蜘蛛の巣、光を生きる人たち、光を邪魔する、ネガティブさを壊していくのです。過去のありかたを生きたいなら、そうしてください。しかし、それぞれがこういうものを手放していくことが大切なのです。