2月26日のQAセッションも人を通して自分を知る手がかりにもなります。みんなであらゆることを分かち合うことでともに気づきを広げ、拡大、前進しましょう

☆2021年2月のウィリアム・レーネンのウェブカメラよる個人セッション(日本国内ならご自宅からも受けられます)のお申込み

☆2021年2月6日に開催されるウィリアム・レーネンのMeet上であらゆるご質問にお答えします(10名のみ)約2時間(日本にいる方のみです)のお申し込み

☆2021年2月27日と3月6日にオンラインで開催されるウィリアム・レーネンの夢を通して旅、成長をするワークショップ(それぞれ2時間、15名限定)のお申込み

みなさん、自分を知ることです。自分を客観的に知らないと同じことを繰り返すだけです。新しい経験が人生に入ってきません。これまでに知らなかった自分を知るチャンスもありません。新しい方向に進み、本当に値する経験をすることができません。拡大ができません。

すべての人の中に光も闇もあります。霊的成長のために必要なのです。自分をちゃんと知る、水瓶座の時代は非常に大切なのです。いい人、悪い人なんて概念にいつまでも振り回されないでください。自分の闇に対して正直に認め、受け入れる、光を生きることになるのです。バランスを実現するのです。だから、自分をちゃんと知ることです。

あなたの傾向、才能、能力、興味、過去世も含めて自分をちゃんと知ることです。例えば、10の部屋のある家を持っていても、そのうちの2つの部屋にしか行ったことがないのなら、家は小さいものだと思うでしょう。しかし、廊下を渡り、他の部屋があることに気づけば、すでにもっと部屋が作られていたことに気づくのです。ただ、それに前には気がつかなかったということです。

来年、幽霊、地縛霊、見えない存在を怖がる必要なんてないのです。あなたがあなたを正直に知っているかということです。支配、嘘、暴力に生きていますか?そうしていないなら、怖がる必要なんてないのです。エネルギーでつながることさえできないのです。そういう存在を見る、感じることはありますが、あなたが私はそういう存在とつながる生き方をしていないと自分を知っているなら、怖がるらないのです。見えない存在を怖がるけれども、見えない存在を信じる、摩擦のエネルギーを生きているのです。摩擦のエネルギーを生きていればスピリット、宇宙人、あなたとつながることができないのです。

人生は経験を通して自分を知り、同じ経験をするのではなく、新しい経験をすることで成長をしていくのです。同じことを何回も繰り返しても前には気づかなかった部屋を知ることはないのです。

もう私はゴールに到達した、学びきった、そう思っている、そういう意識があるなら、この人生を思考で生き、その先にある成長を自ら止めているだけです。成長に終わりはありません。自分を知ることに終わりもありません。

私はこの年でも引っ越しをし、死ぬまで自分を尊んで生きていくのです。しばらくして、ここは違うなと感じる、これも自分を知るということです。自分を知るプロセスに終わりなんてないのです。

2月26日のQAセッションも人を通して自分を知る手がかりにもなります。みんなであらゆることを分かち合うことでともに気づきを広げ、拡大、前進しましょう。