ウィリアム・レーネンの鏡、水、電球を使いより不思議な体験をするワークショップに参加された方から

☆2021年6月のウィリアム・レーネンのウェブカメラよる個人セッション(日本国内ならご自宅からも受けられます。40分)のお申込み

新しい世界をたくさん感じる、楽しいワークショップでした。

鏡や電球などは、何も魔法のように思い通りに何かを得るためのものじゃなく、
私たちに新しい感覚や未知の自分へアクセスをうながし、取り組む手助けをしてくれる
ものだと知りました。

今自分がわかっている自分はごく一部で、過去の刷り込みや思い込みで制限がかかっていたり、
見たいものだけ見ようとしてみたり、自分じゃないものを欲しがったり、
強力に思考を使って本当の自分を探そうとしても、
結局は狭い自分の思考の世界でグルグルしているだけでしかないと再認識しました。

自分の感覚を磨き、自分の魂にふれて正直になっていくには
思考や理屈や言葉を使わない感覚を使い続けていくしかないし、
使ったことのない領域に働きかける努力を続けるしかないと思いました。

いつどのタイミングで何に出会うかなんてわかるはずもなく
本当の意味でこれって冒険だなーっと思うと
ワークショップの途中からますます楽しくなってきました。

今やっていることの結果も、今回の人生で受け取るのではなく
次の次、次とかになる可能性もありますよね?
でも自分の魂は続くのだから、そんな区切りも無意味でしたね。

レーネンさんに教えてもらった鏡の選び方、ゆっくり実践します。
今までの私なら早く見つけて早く、早く、でしたけど、
自分のフィーリングに任せて探すつもりです。
ブルーライト、初めて職場のデスクでつけてみて、色々刺激を感じてます。
寝る時も使うと感覚の違いを感じます。

ワークショップからまだ数日しか過ぎていませんが、
自分の未知の領域は果てしなくあると感覚で受け取っています。

せっかく今回の人生を生き、まだいくらか残っているようなので
閉ざして固まってしまわず、ますます冒険を楽しみたいと強く思ってます。

次回のイベントも参加します。
ありがとうございました!

☆2021年5月22日と23日と6月5日と6月6日に開催される宇宙人、地底人、スピリット、動物、植物、あらゆる生命とつながり、コミュニケーションをするワークショップ(オンライン)のお申込み