みなさん、あまりに人に何かをしてあげなければならない、変えてあげなければならない、正してあげなければならないとすり込まれすぎなのです

☆7月10日と17日にオンラインで開催されるウィリアム・レーネンの夢のワークショップ2~魂のこの人生への意図をブレンドし、この激変の時代に適応するために~のお申し込み

☆2021年6月のウィリアム・レーネンのウェブカメラよる個人セッション(日本国内ならご自宅からも受けられます。40分)のお申込み

6月9日(水)
午前10時

6月16日(水)
午前9時
午前10時

みなさん、あまりに人に何かをしてあげなければならない、変えてあげなければならない、正してあげなければならないとすり込まれすぎなのです。過去のすり込みでしかないのです。人の役に立ちたいと自分以外に問題を見つけようとする、問題があるのはあなたなのです。

子供に何をしてあげられるか?子供が本当の自分を生きることを励ます、社会が考えるこうあるべきなんてものを押し付けないことです。男として、女としてとか、成功しなくちゃいけないとか、すべての魂が同じ事を目指しているわけではないのです。13歳以降、経験させてあげるしかありません。経験の中から自分で発見させるのです。

自分以外のすべての人が何を経験していようとも、必要なのです。誰かがそれを取り上げることはできません。意見を求められたら、あなたの意見を正直に伝えるべきですが、相手がその通りに行動するなんて期待はしないことです。

悪い経験なんてないのです。すべてが、必要な経験なのです。病気、問題を経験している人を悪い、かわいそうと主観で反応をすると、そのエネルギーをあなたが吸収するだけです。

五感、フィーリングを使えば使うほど、あなたはあらゆる状況にどう感じるかだけになるのです。世界、社会が騒動にあっても、ただ観察をするだけです。本当のあなたを生きるだけです。それ以外、すべての生命、状況がそうある権利をリスペクトするようになるのです。

すべての生命がそうある、いる権利を愛した時、地球にバランスが実現されていくだけではなく、これまで姿を隠していたあらゆる生命、存在たちが出てくるのです。