私、私、私にフォーカスしすぎる、受け取る与えるを生きることもなく、満足のない人生を生きます

☆2021年7月のウィリアム・レーネンのウェブカメラよる個人セッション(日本国内ならご自宅からも受けられます。40分)のお申し込み

☆7月10日と17日にオンラインで開催されるウィリアム・レーネンの夢のワークショップ2~魂のこの人生への意図をブレンドし、この激変の時代に適応するために~のお申し込み

☆ウィリアム・レーネンのスピリットの世界からの過去世メッセージ~バランスに取り組む準備ができていない方、あらゆる期待にあふれている方、お受けにならないでください~のお申し込み

☆ウィリアム・レーネンのYoutubeチャンネル

多くの人が自分にフォーカスしすぎです。

私の頼んだものがまだ来ない、私の順番が来ない、私が何を得られるか、私、私、私です。

私にフォーカスをしていると、受け取る与えるを逃す生き方をするのです。受け取る与えるという宇宙の法則を生きることをしなければ様々な能力は開花しません。

何の期待も下心もなく平等に与える受け取る、道徳的な話をしているのではないのです。何の期待も下心もなく平等に与える受け取るをちゃんと生きられる人たち、自分にも何の期待もせずに行動を通して人にも与え、超能力、サイキック能力の開花させていきます。感情的な反応をした、怒ってしまった、フラストレーションを感じるそういうときにも自分をゆるせるのです。

平等に受け取る与えるを生きれば生きるほど、もっと自分を信じるようになるのです。自分の答えはフィーリングに従って生きていくことなのだということに目覚め、よい悪いはなくすべてにさまざまな側面があることに気づいていくのです。

平等に与える受け取るを生きれば生きるほど、あなただけが与え受け取るということではなく、あなたを必要とする人たちのためにも動くようになるのです。宇宙時間を生きるのです。オーラにもポジティブなエネルギーを入れていきます。これが、あなたのさまざまな能力を開花させていくのです。

私が何を得るか、私に得か、私、私、私にフォーカスしすぎると何が私にとってベストかを考え続け行動をしないのです。行動をしなければ自分を尊ぶチャンスを自分に与えず、いつまでも同じところにとどまり続けるのです。