☆2021年7月のウィリアム・レーネンのウェブカメラよる個人セッション(日本国内ならご自宅からも受けられます。40分)のお申し込み

☆7月10日と17日にオンラインで開催されるウィリアム・レーネンの夢のワークショップ2~魂のこの人生への意図をブレンドし、この激変の時代に適応するために~のお申し込み

☆ウィリアム・レーネンのスピリットの世界からの過去世メッセージ~バランスに取り組む準備ができていない方、あらゆる期待にあふれている方、お受けにならないでください~のお申し込み

☆ウィリアム・レーネンのYoutubeチャンネル

風の意識はすべての生命の意識の集合体なのです。風には言葉がありません。トルネード、ハリケーン、台風、悪いわけじゃないし、邪悪じゃないのです。風がやること、風は仕事をしているのです。過去、シアトル沖にある島に日本の方たちと行きました。ここは、先住民たちが所有しており、風がなく、風を呼びました。風がやってきたのです。しかし、長くは続きはしませんでした。なぜならば、風の仕事をするために吹いたのではなく、私たちが呼んだ、それに応えるためだけだからです。

風を呼び、風がやってきても、隣の人は感じません。風のエネルギーが来ているのです。風にこうしろ、ああしろと言えないのです。風は適切な行動という観点で仕事をしており、人間の願いにもとづくものじゃないのです。風が吹いたら、認知するのです。あらゆる風に認知をするのです。強い風に倒れそうになっても風に感謝をするのです。止めてよなんてあり方を持たないことです。魔術で風を止めようとする、そうするとそこは止まっても他に行って害になるだけです。

宇宙船との交流もそうですが、風との交流を始めるには、風を認知することです。風、木々、植物と近いのです。木々に祈りの旗をかけると、その祈りを風がいろんなところに運んでくれます。高い電波塔、風は木だと思っています。木に祈りを言うと、それをほかの植物、木々に伝え、根っこは大地を通して他の木々、植物に伝えます。ポジティブなエネルギーを広げていくのです。ネガティブなことをすると、ポジティブな目的を邪魔することになります。例えば、南米で大きな森を壊しています。森を壊すことによって、新しいダメージを広げるのです。木々、人間の文句、不満を吸収し、宇宙に送ってくれます。木には意識があり、それを根っこに与えずに宇宙に風を通して送ってしまうのです。解放に取り組む風が送ってくれます。風は匂いがあります。匂いを運ぶのではなく、風は自ら匂いを創造するのです。風の儀式、私も教えられますが、それぞれに発見してください。