感じることに苦手意識があるなら、夢からアプローチをすることで魂の意図、過去世を知ることもできます

☆2021年7月のウィリアム・レーネンのウェブカメラよる個人セッション(日本国内ならご自宅からも受けられます。40分)のお申し込み

☆7月10日と17日にオンラインで開催されるウィリアム・レーネンの夢のワークショップ2~魂のこの人生への意図をブレンドし、この激変の時代に適応するために~のお申し込み

☆ウィリアム・レーネンのスピリットの世界からの過去世メッセージ~バランスに取り組む準備ができていない方、あらゆる期待にあふれている方、お受けにならないでください~のお申し込み

☆ウィリアム・レーネンのメッセージ付きあなたのシンバラ

☆ウィリアム・レーネンのYoutubeチャンネル

夢を通して非常にアクティブにさまざまなことを達成する人たちもいます。起きているときよりも寝ているときのほうがその人の人生の目的を果たしているという人たちです。癒しのエネルギーを広げたり、届けたり、教えたり、インスピレーションを与えたり、いろんなことを寝ている間にしているのです。

寝ている間にさまざまな情報を受け取り、それをクリエイティブなことを創造するために使う人たちもいます。夢、あらゆることに使えるのです。日常生活でコミュニケーションが難しい人たちには夢で話氏をしておくことで円滑な人間関係も実現できるのです。

前回の夢のオンラインイベントをさらに深いものにした夢のオンラインイベント、7月10日と17日に行います。感じることに苦手意識があるなら、こういうアプローチをすることで魂の意図、過去世を知ることもできますし、自分の問題を知っているなら、行動をしてください。行動をする、参加することでしか解決はできないのです。考えている、人生のあらゆる側面にブロックを自ら創造するだけです。

今回、夢を通して対外離脱をすること、サイキック的夢を見ること、グループで同じ夢を見ること、これが重要なポイントになります。