オープンである

☆2021年7月のウィリアム・レーネンのウェブカメラよる個人セッション(日本国内ならご自宅からも受けられます。40分)のお申し込み

☆7月10日と17日にオンラインで開催されるウィリアム・レーネンの夢のワークショップ2~魂のこの人生への意図をブレンドし、この激変の時代に適応するために~のお申し込み

☆ウィリアム・レーネンのスピリットの世界からの過去世メッセージ~バランスに取り組む準備ができていない方、あらゆる期待にあふれている方、お受けにならないでください~のお申し込み

☆ウィリアム・レーネンのメッセージ付きあなたのシンバラ

☆ウィリアム・レーネンのYoutubeチャンネル

6月19日にシックスセンス、セブンスセンスのオンラインイベントが終了しますが、私は多くの方を夢で訪問しました。数名の方、ドリームタイムでも私の脳が魂ですと言いました。もちろん、脳も魂の一部ではありますが、この脳は1度しか生きないのです。この人生が終わると死ぬのです。

個人的に何を信じようとかまいませんが、脳が自分の言葉を話すからと脳に依存をしている人たち、未来がもっと困難なものになるだけではなく、問題にあふれます。本当の自分、魂の考えですらない、過去に社会、親にすり込まれた論理をしゃべる脳にコントロールされているだけです。過去を生きる、変えるつもりはない、それはそれでいいですが制限された未来と問題にあふれた未来になることだけは忘れないでください。

オープンである、脳をオープンにするだけではないのです。チャクラ、筋肉、臓器を含めた意識全部をオープンにするということなのです。明日香天翔さんは、体のさまざまな箇所からどんな反応があるか、どう感じるかを教えていますし、私たちは直感、五感、フィーリング、サイキック、チャネルをするための方法を分かち合っています。すべての人が生まれながらに持つ自然な感覚に戻るときなのです。長い間、こういう感覚は抑圧されてきたのです。バランスと調和、ゴールが変わったのです。バランスと調和をゴールにしない、あらゆる制限と困難を招くだけです。