Q: 長野に車で行った際、窓を開けて五感で感じていたら郷愁のような、泣きたくなるようなのを感じたのですが、五感を使って刺激されたと思いますか?

☆2021年7月24日にオンラインで開催される思考を止め、今を生きるワークショップのお申込み

☆2021年7月25日にオンラインで開催されるウィリアム・レーネンの2時間ライブのお申し込み

☆2021年8月7日と8日に成田とオンラインで開催される新しい対外離脱ワークショップ~魂の意図をブレンドする。これは、夢を通して対外離脱をするのとは別なものです~のお申込み

☆2021年7月のウィリアム・レーネンのウェブカメラよる個人セッション(日本国内ならご自宅からも受けられます。40分)のお申し込み

☆7月10日と17日にオンラインで開催されるウィリアム・レーネンの夢のワークショップ2~魂のこの人生への意図をブレンドし、この激変の時代に適応するために~のお申し込み

☆ウィリアム・レーネンのスピリットの世界からの過去世メッセージ~バランスに取り組む準備ができていない方、あらゆる期待にあふれている方、お受けにならないでください~のお申し込み

☆ウィリアム・レーネンのメッセージ付きあなたのシンバラ

☆ウィリアム・レーネンのYoutubeチャンネル

A: その地域に住んだことありますか?ノーであるならば、五感を使っていましたが、それは感情的な刺激をされたものじゃないのです。

そのフィーリングは、この人生で十分に使ってこなかった能力を使ったことで感じたものです。こういう感覚をもっと前に使っておけばよかったというのがあるのです。社会、企業に合わせるために本当の感覚を抑圧したのです。もっと前に五感を使うべきだったら、そうしたのですが、魂レベルでは今なのです。

今、あなたは五感を使う準備ができているのです。前にもっと使っておけばよかった、脳が邪魔しているだけです。みなさん、私がもっと前にそうするべきだったらそうしたのだと自分に伝えるのです。あなたが、私たちに出会うのも今だったのです。10年前にはその準備ができていなかったし、あなたはとても成長した、だから準備ができていますが、過去にはそうではなかった。郷愁というのは、もっといろんな感覚を使っておけばよかったということであり、本当の郷愁じゃないのです。脳は、郷愁だよと定義しただけです。この感覚をもっと前に使っておけばよかったという憤りです。前にそうすべきだったら、そうしたんだから黙っていてと脳に伝えるのです。脳はあなたを過去に引き戻そうとするのです。未来に向かって成長するんだから、ともに行く?どうする?と脳に言うのです。

あなたは、感覚をもっともっと使っていく、大きく成長したのです。この人、違うなとか、自分に合わないなと感じる、それによって人も識別していくでしょう。

今から言うこと、予言じゃないのです。あなた、これから次に付き合うボーイフレンド、もっと心地よい人になります。今、あなたは人生にまったく違うアプローチをするからです。過去の友人、付き合った人たち、今のあなたになるために必要だったのです。あなたの経験、恋人、伴侶、すべてが今のあなたになるために必要だったのです。

もっと一生懸命やってこの関係を改善しようなんてしないことです。もう合わない、その時点で手放し合うのです。そうすれば両者、関連するすべての人たちが新しい出来事に向かっていけるのです。私は、いろんな肉体的な問題がありますが、タコマに移住した時、新しい医師が必要でした。友人が私が新しいアパートを探すときに車でいろんなところに連れて行っているとき、あるクリニックの前を通りました。その時、そのクリニックの屋根から虹が輝いていたのです。このクリニックの医師に話そうと思いました。自分の五感、フィーリングに従ったのです。それを信頼してください。

少なくともみなさん、25年は生きてきた、社会に合わせようと生きてきた、そしてこの社会、もううまく機能していないのです。もう伝統的な過去に従ってい来るのではなく、いいと感じるなら、不可能に思えてもやる、今、不可能が可能な時代なのです。