選択肢を与えるアプローチ

あなたに合う方法を発見し、同じような症状を抱えている人がいても、「これをしなさい」、「あれをしなさい」と言わないことです。今、これをしなさいと人に言わない、口を閉じること大事です。

「最近は前に抱えていた症状どうなった?」とたずねられたとしても、「私はこうやってよくなったけど、あなたも私の方法をやるべき」と言わないことです。「変わった、よくなったみたいだけど、何したの?」と言われたら、「私にはこれで合ったけど、あなたも自分の体に何が合うかどうかをたずねたら」と言うのです。

過去には、「これいいよ、やるべきだよ」というあり方がありましたが、「あなたもこれをやりなさい」、過去を生きているのです。オーラを浄化する方法、私がシェアしていますが、気持ちが落ちている人がいたら、「気持ちが落ちているときオーラを浄化するのだけど、興味があれば教えますよ」でいいのです。「やりなさい」というアプローチはしないことです。「動物、植物のオーラも浄化できるのですよ。もし、興味があればお教えします」でいいのです。選択肢を与えるアプローチをするのです。こういう形でいろんなことを広げていくこと、それがエキサイティングだし、そういう形で愛を与えると、予期しない形で愛を受け取るのです。

William Rainen’s Blog

☆ケビン・ブラヘニー・フォーチュンのあなただけのためにチャネルされた瞑想用音楽のお申込み

☆ウィリアム・レーネンのスピリットの世界からの過去世メッセージ~バランスに取り組む準備ができていない方、あらゆる期待にあふれている方、お受けにならないでください~のお申し込み

☆ウィリアム・レーネンのメッセージ付きあなたのシンバラ

☆ウィリアム・レーネンのYoutubeチャンネル

☆ウィリアム・レーネンのメルマガ登録

☆10月30日にオンラインと成田で開催される宇宙人ともっと遭遇し、触れ合うワークショップ~意識の拡大につながるアプローチです