ギフトを生きる人、宇宙人に信頼されるのです

みなさがすることすべて、宇宙人にギフトとして伝えられるのです。私の祖母、孫がトイレに行くときに「それは他の惑星へのギフトなんだよ」と言っていました。私たちはそうは思わないと思います。

私たちが毎日すること、それが宇宙船、宇宙人にとってのギフトになりうるということなのです。排便、排尿もそうなのです。古代社会が生存できたのは、古代社会にはトイレなんてなかったからです。便、尿をもよおし、それを地球に与える、つまり自然に起きることに恐怖や困惑なんて持っていなかったのです。自動的に彼らのイメージ、アートを通して宇宙船、宇宙人とのコミュニケーションを生きていたのです。

排便、それも地球へのギフトになるとわかっていたし、ギフトを生きていた、だから宇宙船、宇宙人とつながり、生きていたのです。汚物だなんて思っていないのです。外で排便、排尿をすることは人間として汚く、違法であるなんて制限でしかないのです。古代社会にはそんな概念はありませんでした。

宇宙船、宇宙人たちはみなさんがナチュラルな人たちであり、自然に起きることに困惑しない、だからコンタクトしようと思うのです。自然を生きていない人たち、あれはいけない、これはいけない、外で排便をすることさえ汚いとか、そういうさまざまな裁きを持っている人たちに宇宙船、宇宙人はコンタクトをしてこないのです。そういう人たちを信頼しないのです。

☆2021年11月のウィリアム・レーネンのウェブカメラよる個人セッション(日本国内ならご自宅からも受けられます。40分)のお申込み

☆2021年12月18日にオンラインで開催されるウィリアム・レーネンの2022年の起きうる可能性とどう対処すべきかをテーマにした2時間ライブのお申込み

William Rainen’s Blog

☆ケビン・ブラヘニー・フォーチュンのあなただけのためにチャネルされた瞑想用音楽のお申込み

☆ウィリアム・レーネンのスピリットの世界からの過去世メッセージ~バランスに取り組む準備ができていない方、あらゆる期待にあふれている方、お受けにならないでください~のお申し込み

☆ウィリアム・レーネンのメッセージ付きあなたのシンバラ

☆ウィリアム・レーネンのYoutubeチャンネル

☆ウィリアム・レーネンのメルマガ登録