ケビン・フォーチュンとウィリアム・レーネンのトーク6

 

KF: 私の仕事、ただトランスチャネルで受け取ったエネルギーのかたまりを音楽でできるだけクリアに翻訳してあげることであり、私が制作したものに質問がある場合、瞑想をしてこれでいいかまたは、それでいいかを確認しますが、多くの場合、トランスチャネルをするもの、とてもオーガニック、有機的に感じるのです。音楽を制作後、依頼者に送ります。その後、依頼者は経験をするのです。

他に面白い点なのですが、私はウィリアムとドクター・ピーブルズと本当に長い間いろんな話しをしてきました。私は、ウィリアムを通してドクター・ピーブルズと話しをしたテープ、たくさんいまだに持っているのです。テープで過去に録音したものをiPhoneにいくつかを移行して聞くことがあるのですが、スピリットとのコミュニケーション、スピリットには時間がないのです。過去も未来もないのです。いつも今にいるのです。だから、ドクター・ピーブルズのこのエネルギーがやって来て私に話しをすると、ドクター・ピーブルズと話したこれは1980年だったと思い出しても、その時に私に聞こえなかったこと、それが今、聞こえるのです。

なぜならば、今、私がここにいる、それによってまた過去に聞こえなかったことが聞こえるのです。今もあの時の会話の録音のエネルギー、それはその時に初めて聞いたのと同じくらいに新鮮に感じるのです。20年、30年まえに録音されたテープだけれども、スピリットのエネルギーは今もアクティブであり、過去に言われた言葉でさえ、生きて今に新鮮な状態でいるのです。

☆ケビン・ブラヘニー・フォーチュンのあなただけのためにチャネルされた瞑想用音楽のお申込み