ケビン・フォーチュンとウィリアム・レーネンのトーク7

KF: 私は合わせると、ドクター・ピーブルズを感じるし、ドクター・ピーブルズの集合体を感じるし、言われたメッセージの意図を感じます。今にいつもいるのです。もし、私が、今にいることに抵抗しなければですが。だから、私は過去を考えずに今においてこの過去に録音されたテープを経験するのです。

トランスチャネルされた音楽、これを依頼された方、エネルギー的な出来事として経験するのが一番いいと思うのです。つまり、メロディを考えたり、どんな楽器が使われているかとか探ろうとしないであなたの体はどう反応しているか、それだけに注意を払ってみてください。

あなただけにチャネルされた音楽を聴いてあなたの呼吸はどう反応しているか、おなかはどう反応しているか、首に面白いフィーリングがあるなとか、そういうことに気づいてください。同時に細胞レベルでも何かが起きているのです。それに関しては私には説明はできません。変容としてその人の中で起きることであり、それぞれの人生の何かにエネルギーを活性化させたり、ブレークスルーさせたり、動かしたり、癒したりするものだと思います。そういう価値を与えてくれるようなアルバムが三枚あるのですが、いつもお願いすることですが、依頼者のために制作したもの、それをアルバムに収録していいですかということです。

最も個人的なもの、それがもっとも普遍的で一般的であることってよくあるのです。誰かが個人的なストーリーをシェアした時、まったく同じ経験をしていなかったとしてもそれに共感する人たちがたくさんいるのと同じです。

☆ケビン・ブラヘニー・フォーチュンのあなただけのためにチャネルされた瞑想用音楽のお申込み