2022年、多くの方が仕事を辞めます

多くの方、仕事を辞めます。適切に扱われていない、ちゃんと値する給料をもらっていないなどで仕事を去りますが、みなさんを雇っている人たちは変わりません。アメリカでも日本でも自分のために立ち上がる、だから辞めるでしょう。しかし、雇っている側、皆さんに戻って来てと扉は開けません。妥協して、自分たちが変わるから戻って来てなんて思っていません。いなくなったら困るだろうなんて期待しないでください。辞める、それによってもたらされる新しい生活に適応するのです。

☆2022年1月のウィリアム・レーネンのウェブカメラよる個人セッション(日本国内ならご自宅からも受けられます。40分)のお申込み