6月25日と26日の東京での気脈診セッション、今と未来のあなたを知ることができます(特に2022年はエネルギーがこれまでと違います)

※お知らせ 6月25(土)と26日(日)の両日、東京で対面個人セッションが開催されることになりました。自分の体が発信しているメッセージには「ああ、やっぱり」と思うものも「え!まさか!!」と思うようなものもあります。ぜひこの機会に一度耳を傾けてみてください。

☆2022年6月25日と26日に東京にで開催される明日香天翔の本当の自分を知る対面個人セッション~あなたの本質とこれからを正確に知る~(1時間)のお申込み

気脈診の対面個人鑑定ではある程度先までの未来の姿を見ることが出来ます。明確に未来のビジョンが見える人もいれば、中には未来の姿がぼやけていて特定できないケースがあります。

これはまだ完全に未来の姿が決まっていないことを物語っています。つまりこの先の生き方によってストーリーが変わるのです。

右目の輝きからはその人の近未来の行動の特性をキャッチすることが出来ます。流れに乗って上手くいく姿をお伝えすることもありますが、「果敢に挑戦するも不発に終わる」みたいなあまり歓迎できない結果が出ることもあります。

ここで失敗を避ける為にどうすればいいのか事前に作戦を練り直すことも可能ですが、大切なのは「なぜせっかくのチャレンジが不発に終わる必要があったのか?」なんです。

やるだけやったけどダメだったという体験を迎えることで心に踏ん切りがつき新しい流れに切り替える決心がつくってこともあります。そうした場合、心の底から納得が出来て気持ちを切り替える為には身をもって失敗体験をすること不可欠なのです。

体験する必要のない失敗や過ちは出来るだけ避けたほうがいいでしょう。しかし長い人生の中には体験しなきゃならない失敗や過ちもあるのです。

近未来に起こる失敗を防ぐ方法はあります。しかし近未来に起こる失敗を避け無難にやり過ごしてしまった為に、せっかくそこで体験するはずだった大切な気づきや学びの機会も喪失してしまうのです。

冒頭に書きました「未来の姿がぼやけていて明確には特定できない人」には、その事実をそのままお伝えしています。「なーんだ」とつまらなそうな顔をする人もいますが、既に何もかもが決まってしまっている未来が決まった通りに実現する人生のほうがつまらないのではないでしょうか。

2022年のエネルギーはこれまでとは違うのです。