変えるための唯一の方法、それは思考を止め、感じることです

☆2018年11月23日、24日、25日に成田で開催される超能力開発コース(30名)、残り3枠です。 現在、多くの人の人生は予測が可能です。このままか落ちるかのどちらかです。今、持っているもの、それを最大限に活かしてこの人生を終えるか、選択しなかった結果に死ぬまで苦しめられるという可能性が大きくなっています。これが現実です。年が明け、運気が変わってくれるなんてことは水瓶座の時代はありません。過去の価値観も崩壊します。これまでの過去世でのアンバランスさに自らの行動でバランスを実現する時代だからです …

スピリットは怖いと言うのに私にスピリットからのメッセージは何ですかとたずねる矛盾

スピリットは怖いと言うのに私にスピリットからのメッセージは何ですかとたずねる人がいますが、スピリット、宇宙人は怖がる人たちに寄ってこないのです。スピリットガイド、ティーチャー、宇宙人はより客観性を持ち、そのままをリスペクトをするのです。あなたが怖がっているなら、それをリスペクトするのです。怖がっているのに求める、あらゆる意味で矛盾のエネルギーを生きていおり、矛盾は変化、成長、進化につながりません。 私は個人セッションでもウェブカメラのセッションでもスピリットワールドからメッセージがある場合にはお …

親の役に立ちたい、子供の役に立ちたいと願っている人たちはたくさんいますが、本当に役立つとはあなたが本当の自分を知り、生きることなのです

11月の3日間の超能力開発コースで感じることにフォーカスしませんか?感じれば感じるほど、本当は自分はあらゆることにどう感じているのか、つまり本当の自分を知ります。 多くの人は本当の自分ではなく、親、兄弟姉妹、友人、それらのミックスを生きています。すり込みです。すり込みは思考であり、思考は感じさせると自分がコントロールできなくなるのであなたにエネルギーをかためるように指示しているのです。顔に表情もなく、周囲に気づくこともなく、ロボットのようにそうすることを選択しています。 ニコッと笑う、この行為、 …

論理的思考に従って生きれば生きるほど、ネガティブな経験を招くか、ずっと同じところでぐるぐる回っているだけなのです

ああすればこうなる、こうすればああなるを捨て、期待を持たないで生きること、それが宇宙の流れに乗って生きることです。期待は制限です。こういう結果しか受け入れないという狭さです。スピリットワールド、宇宙はバランスと成長のためにあなたに望む経験、出来事を準備しているのです。 期待を持たずに結果がどうなるかを知っていこうという生き方がバランスのある生き方です。もし、結果が嫌ならまた違う選択をすればいいだけです。引っ越したばかりだから引っ越しできない、仕事を変えたばかりだから仕事を変えられない、論理的思考 …

私、私、私にフォーカスしすぎる、受け取る与えるを生きることもなく、満足のない人生を生きます

多くの人が自分にフォーカスしすぎです。 私の頼んだものがまだ来ない、私の順番が来ない、私が何を得られるか、私、私、私です。 私にフォーカスをしていると、受け取る与えるを逃す生き方をするのです。受け取る与えるという宇宙の法則を生きることをしなければ様々な能力は開花しません。 何の期待も下心もなく平等に与える受け取る、道徳的な話をしているのではないのです。何の期待も下心もなく平等に与える受け取るをちゃんと生きられる人たち、自分にも何の期待もせずに行動を通して人にも与え、超能力、サイキック能力の開花さ …

思考だけに依存すれば、真実を知ることもなく、伝統的な過去の考え方で自分を責め、傷つけるだけです

職場を次々変え、必要なエネルギーをシェアし、その仕事が終わるとまた次に移るという人たちがいます。それが、その人たちのこの人生での仕事なのです。何の仕事をするかではなく、いろんな場所でその人のエネルギーをシェアするのが仕事なのです。 存在しているだけでスピリットワールド、宇宙からのエネルギーを与える人もいます。歩いているときに急にがくっとエネルギーを無くしてしまい、どこかがおかしいのだろうかと思うかもしれませんが、そういう人は近くで起きている何か誰かにエネルギーを与えているのです。 それを論理的に …

11月の3日間の超能力開発コース、苦しみと痛み、フラストレーションと不満の人生ではなく、楽に生きる近道

この変化の時代、思考が欲しいと思っていることだけではなく、魂が必要とすることへ理解を広げなければならないのです。 11月の3日間の超能力開発コース、あなたの体全体の声、ハイアーセルフの声をエネルギーを通して知るものです。人間は思考だけに耳を傾けるようにすり込まれ、それが答えだと思い込んでいますが、体全体の声を聞かなければならない時代なのです。思考だけで生きれば苦しみと痛み、フラストレーションと不満の人生になるだけです。 この3日間、テレパシー、オーラの感じ方も行います。この3日間の究極の目的、ベ …

家族のそれぞれの人、それぞれにそうある、そういる権利があります

家族のそれぞれの人、それぞれにそうある、そういる権利があります。家族であろうがなかろうがすべての人がそうある、そういる権利を愛することです。好きになる必要はないのです。家族を含むすべての人がそうある、そういる権利を愛し、嫌なら距離を持てばいいのです。 2018年10月と11月のウィリアム・レーネンの東京でのイベントと12月のウェブカメラによるセッションのお申込み ☆2018年11月23日、24日、25日に成田で開催される超能力開発コース(30名) ☆2018年12月のウィリアム・レーネンのウェブ …

11月の3日間の超能力開発コース、特に男性に役立ちます。いつまでも本当の自分を知ろうとしないことも選択できますが、その結果に直面する時代です

多くの男性、子供を十分に経験することなく社会に適応し、早く大人になるように抑圧されてきました。自分の中にある喜びを抑え、感情を表現することなく、動じることなく社会で尊敬される男、大人になることを強いられ、結婚をし、家庭を作っていますが、今、この水瓶座の時代の霊的エネルギーによって多くの男性、どう対処していいかわからないのです。これまで受けてきた抑圧をどう手放し、本当の自分になっていいかがわからないのです。 男性の場合、本を読む、非体験型のイベントに参加し、知的に学ぶことで解決しようとしますが、情 …

直感とフィーリングに従って本能に従って生きる、霊的法則を生きると同じです

霊的法則を生きると、オーラにポジティブなエネルギーが創造されます。霊的法則はどうすれば生きられるかと考えて生きるよりも、霊的法則を本能的に生きる人たち、その人たちだけではなく、宇宙的なバランスにもバランスをもたらします。バランスをもたらすだろうと考えて何かをしたり、言ったりしても、バランスとは人が気づかない状況で起きるのです。 直感とフィーリングに従って本能に従って生きる、それは自分を含むすべての人を変えようとしない霊的法則を生きることになり、それこそがバランスなのです。直感、フィーリングには説 …

客観的決断をしたいなら、お金という要因を外して決めてください

客観性を本当に生きたいなら、あなたの決断、お金を考慮して決めないことです。なぜならば、お金は言い訳として使われやすい要因であり、行動しない言い訳として使われます。 お金でする、しないと決める場合、自分に正直になることです。なぜならば、そこにはさまざまな言い訳が存在するからです。あらゆることに客観的な決断をしたいのなら、お金という要因を外して決めてください。お金を言い訳にすればわかりやすいからそうしているだけです。 2018年10月と11月のウィリアム・レーネンの東京でのイベントと12月のウェブカ …

何かに向かいやっているうちにまた変更があり、違う目的地に到着する

昨日、日光に行くつもりが大渋滞で途中で計画を変え、府中に行きました。出発前にスピリットワールドと会話をしていても日光にいる私の姿が見えないのです。理由はわかりませんでしたが、こういうことでした。これが水瓶座の時代なのです。何かに向かいやっているうちにまた変更があり、違う目的地に到着する、そういう時代なのです。どうしてそうなったのかを考えても仕方がないのです。 2018年10月と11月のウィリアム・レーネンの東京でのイベントと12月のウェブカメラによるセッションのお申込み ☆2018年11月23日 …