ウィリアム・レーネンの個人セッションは満員です

多くの方からウィリアム・レーネンの東京での個人セッションのお問い合わせをいただいておりますが、満員です。ウィリアム・レーネンのイベントへの参加を心からおすすめいたします。ウィリアム・レーネンは純粋な霊媒であり、スピリットワールドからのメッセージを伝えるだけです。スピリットワールドからのメッセージ、それはときに耳が痛い、直面しなくてはいけないことであり決してファンシーなものではありません。個人のメッセージ以上にイベントの方に参加いただくほうがより気づきがあります。自分で気づき、自分を信頼し、自分で …

それぞれの持ち場で最大限を楽しむ、活かせばいい

私は、この仕事を通してほんとうにたくさんの人たちを見ました。世の中でメディアがネガティブなイメージを勝手にばらまかれている人たち、全然そういう人たちではないことにも気づきましたし、そういう人たちも普通に一般の人たちと何ら変わらないレッスンがあったりしますが、最も違うところは強さです。タフさです。魂の強さとタフさです。きっと、世の中ではいろんなことを言われたとしても、その人たちはそれをしようと魂のどこかで決めているのです。もし、自分が成功したら、世に知られたらどうだったんだろうって考えたことがある …

モンタナのミディアム、アンから

私は、質問をされるとスピリットから回答を受け取ります。質問をされる方の周囲のスピリットたち、私がコミュニケーションをしているスピリットたちが答えを伝えてくれるのです。 今は本当に楽な時代になりました。私が子供のころ、アメリカではスピリットと交流をしているということは非常に好ましくないと思われていました。今もアメリカにはそういうキリスト教的な考え方を持ち、私のような存在をよく思わない人たちもたくさんいますが、日本ではこういうことはオープンに受け入れられている、素晴らしいことだと思います。アメリカは …

自分の過去を知っている人たち

自分の過去を知っている人たちといつまでもつながっている、私はいいと思いません。私自身、黒歴史のような、あの時の自分を知っている人たちと再会し、つながっていこうとは思いません。あの時、あなたはこうだったよね、ああだったよねと過去に引き戻されたとき、恥ずかしいような、縮こまるような、そんな感じがして会わなきゃよかったなと思うことがあります。 私は数十年つながっているひとは周囲にいません。転職もたくさんしたので多くの人と知りあいになりましたが、今はその誰ともつながっていません。周囲に自分の過去をよく知 …

いつまでも監視されているような人生、楽しいでしょうか(伊藤仁彦)

私は、家族、肉親とは一切、コミュニケーションをしていません。どこをつつけば相手が罪悪感を持ったり、くじけるかをきっと何度も何度も転生をともにして知っているか、課題を刺激してくれるエネルギーを持つ人たちと家族になると思うからです。何も生産的なことを達成しない不毛な争いに巻き込むのは赤の他人ではなく、家族がほとんどじゃないでしょうか。家族は愛にもとづき、思いやりなんて幻想です。 昔、レーネンさんは失踪人の捜索を手伝ったことがあるそうですが、もうやらないそうです。なぜならば、失踪人にも見つけられたくな …

IBOKセッションルーム アローニアへの生き方

丸の内線の新高円寺駅の1番出口を出るとそこは青梅街道です。出口を出てすぐに左に曲がります。 左に曲がっていくと以下の建物が見えます。 このピザ屋さんの手前を左に曲がりまっすぐ歩くと信号にぶつかります。 24時間パーキングとお寺の間の道を行くと世界真光文明教団があり、そのままその前をまっすぐ道なりに行きます。 どんどんまっすぐ行くと心月院があり 心月院の前を通り過ぎてまだまだまっすぐ行くとT字路にぶつかります。これを左に曲がり すぐにポストが見えるので、そこを右に曲がります。 そのまままっすぐ行く …